Papa's Spaghetti

パパのスパゲッティ

【放送大学】世界の中の日本(`15)の単位認定試験の対策法!

放送大学生ライフを満喫中のユウマです。

現在、単位認定試験を受けに毎日ように学習センターに通っています!

 

今学期、僕がもっとも楽しく学べた「世界の中の日本('15)」の単位認定試験を受けてきました。

世界の中の日本('15)に関する情報があまりネット上にアップされてないので

今回の記事では、「世界の中の日本('15)」の面白さや単位認定試験の為の勉強法などを書いていきましょう!

 

 

「世界の中の日本('15)」の内容と単位認定試験に向けての勉強法

世界の中の日本。

タイトルどおりに受けとってしまうと、日本を中心として世界を見渡す科目のように思えてしまいますね。

しかし実際には、第8章までは日本はあまり出てこないんです。

前半の章は主に「北欧」を中心に扱い、後半で日本が登場する形です。

 

日本が北欧から学ぶべきことが山ほどある!

今も昔も、日本はアメリカやヨーロッパの大国をモデルとしてきました。

そのおかげでここまで発展した国になりました。

しかし、これからも今までのように欧米の大国をロールモデルとして国の水準を保っていけるのでしょうか。

やはり、国土のサイズ、人口減少や少子高齢化などの問題に直面している現在を考えると厳しいのではないでしょうか。

では、日本が次にお手本とする国はどこにあるのでしょうか?

その国は意外にもヨーロッパの小国「北欧諸国」なのです。

日本は北欧諸国に何を学ぶべきなのか?

それがわかるようになるのが「世界の中の日本('15)」です!

 

「世界の中の日本('15)」の単位認定試験対策法

結構ベーシックなことを書き始めます。

本当に「世界の中の日本('15)」の単位認定試験の対策法だけ知りたい方は飛ばして、下へスクローーーーール!

まず、印刷教材を一通り読む

単位認定試験の勉強法に関して、どの科目にも言えることがあります。

それは「印刷教材を一通り読んで理解をすること」です。

初めから、単位認定試験のためにだけに対策を練りながら勉強するなんてもったいない。

特に、「世界の中の日本(’15)」はわかりやすく面白い科目なので一度全体的に読んでみましょう!

そして、通信指導を解く

一通り読んだら、「通信指導」を解いていきましょう!

「世界の中の日本('15)」は記述式問題です。

 

気をつけてくださいね。

通信指導に解答して提出しないと、単位認定試験を受けることができません!

その意味でも、通信指導の問題を解いてみることが重要です!

 最後に、過去問を解いてみる!

 印刷教材を読み、通信指導も解き終わったら?

ここで「過去問」の登場です!

過去問は「放送大学キャンパスホームページ」から見れます。

ログインの際には、「学生番号」とパスワードが必要です。

放送大学キャンパスホームページはこちら

 過去二学期分の単位認定試験の問題が載っています。

もし、確実に試験に合格したいなら過去問を解いておくといいと思います。

 

ぶっちゃけフィンランドソ連の関係性を理解しているかが単位試験合格のカギ!

過去二回分の単位認定試験問題を見てみると一つの共通点があります。

2016年度第1学期そして第2学期どちらとも、「フィンランド」に関係する問題が出ていますね。

先日、僕が受けてきた2017年度の単位認定試験にも果たしてフィンランドに関する問題は出てきたのでしょうか?

まだ、過去問が公開されていないのでノーコメント!

でも、授業の中で「フィンランド」について理解を深めるのに損はありません。

特に意識して学ぶべきキーワードは3つ!

  1. ソ連フィンランドの「冬戦争」
  2. 冬戦争の続きとして「継続戦争」
  3. 継続戦争に負けてソ連の外交下に置かれたフィンランドの状態「フィンランド化」

この3つのキーワードをしっかりと頭に入れれば、単位認定試験は問題ナシ!

 

以上、一学期学んだ「世界の中の日本('15)」についてのまとめでした。