Papa's Spaghetti

パパのスパゲッティ

優秀賞か、すげぇーよ。おめでとう。

人と出会い、人と別れる。

まだ20年ちょっとしか人生を生きていないが、たくさんの人と出会い、たくさんの人と別れてきた。

自然に関係が消滅した別れもあれば、僕の努力次第で続いた関係もあった。それでも続けなかったのは別に続けること自体には意味がないと思ったからだ。

しかし、その中にも“コイツの将来が見てみたい”と思わせる人がひとりいた。

どこからどう見ても、面白い人生を歩んでいく人だった。社会性やキャリアなどという問題を遠くに吹っ飛ばすような才能を、ひとつ持っていた。

しかし、結局はそんな人とも別れて終わった。

僕の軽率で無責任な発言が原因で。

間違いなく、今まででもっとも最悪な別れ方だった。

予定をつめて自分を忙しくしたが、しばらくはその別れが頭に残って仕方が無かった。

しかし、あのときはあの選択肢しかなかった。

“嗚呼、多分こいつとはこれで最後か”と初めからわかっていた。

しかしまぁ、分かっていても辛いものはつらいな。

彼が、あるコンクールに作品を出す、と言っていたことをふと思い出す。

うる覚えながら、彼の名前を検索してみた。

そこには、作品とともに、写る彼の後姿があった。

すげぇーよ。優秀賞か。

本当におめでとう。